ラクトフェリン化粧品のパワーでアンチエイジングを狙う!

「最近、肌の老化が気になってきたからアンチエイジング効果のある化粧品を使いたい!」
「天然成分だと安心だけど、効果に不安・・」
そのようにお考えではないですか?

もし、肌に優しくアンチエイジング効果のある化粧品があれば、詳しいことを知りたいと思うことでしょう。

そんなあなたに朗報です。
ラクトフェリン化粧品なら、天然成分によりアンチエイジング効果が期待できます。

ラクトフェリンとは、母乳に多く含まれるラクトフェリンという天然成分のこと。肌の保湿効果を高める効果があり、肌の老化を防ぐことが分かっています。
肌を若返らせることでファンデーションを重ねる必要もなくなり、素肌に自信を持てるようになるでしょう。

今回は、ラクトフェリン化粧品の原料や、商品選びでチェックした方がよいことなど失敗しないラクトフェリン化粧品の選び方についても紹介しています。

ラクトフェリン化粧品で肌の悩みを解消し、肌に自信が持てますように。

ラクトフェリン化粧品

ラクトフェリン化粧品とは、母乳に含まれる成分として知られているラクトフェリンを配合した化粧品です。

ラクトフェリンと言えば、サプリメントやヨーグルトといった経口摂取するものというイメージが強いのですが、肌に付けても高い効果を得られることから、化粧品としても販売されています。

・ラクトフェリン化粧品の紹介

ラクトフェリン化粧品として商品化されているのは、美肌

  • クレンジング
  • ローション
  • クリーム

といった基礎化粧品が主流です。それは、ラクトフェリンが肌の保湿効果に優れていることが大きいと言えます。

肌の保湿効果が高まることは、若々しい肌でいることの基本とも言えるので、アンチエイジング効果を得るのに適しています。というと、年齢肌の悩みしか解決できないのでは?と思われがちですが、そうではありません。肌の潤いが少なくなることでできてしまう大人ニキビの予防と改善効果もあります。
肌を健康な状態に保つということは、肌の水分量を安定させ、潤いのある肌に導くことですから、ラクトフェリンの効果は肌トラブル全般の予防効果、解消効果があると見ていいでしょう。

・ラクトフェリン化粧品の購入方法

ラクトフェリン化粧品の購入方法は、インターネット通販がメインです。
ラクトフェリンを配合した化粧品そのものは数多くは販売されていません。それは、効果の高い成分でありながら、熱に弱い性質を持つので商品化することが簡単ではないからです。

実際に手に取って購入するということではないので心配や不安もありますが、公式サイトを見ると、Q&Aが記載されていますし、問い合わせ先もしっかり準備されています。商品に対しての不安なことは解決して購入することが可能です。

ラクトフェリン化粧品の効果

ラクトフェリン化粧品の効果については、先ほどのラクトフェリン化粧品の紹介のところでも少し触れましたが、いくつかの効果があり、細かく見て行くと年齢を問わず使えるものだと納得できるものばかりです。

・アンチエイジング効果

アンチエイジング効果はラクトフェリン化粧品の効果の筆頭とも言えます。年齢を重ねると、どうしても肌の水分量が減るので、内側からのハリも失ってしまいますし、水分量が少なくなります。

シワやたるみなどもいわゆる肌の水分量の減少や、それに伴った老化現象のひとつです。肌が若々しいことで、かなり若く見せることができますし、メイクも短時間でナチュラルに仕上げることができます。

・肌代謝を促進(ターンオーバーを促進)

肌代謝を促進と言われてもピンと来ないという人もいることでしょう。肌代謝とは、ターンオーバーのことです。ターンオーバーは年齢を重ねると遅れてしまいがちです。正常なターンオーバーは28日とも言われており、若い人の肌にシミなどがあまりないのも、ターンオーバーのおかげと言われています。
美肌
ターンオーバーが遅れがちになると、肌のシミが増えますし、ニキビの跡もきれいに治らなくなります。若いときにはニキビも触らなければキレイに治りますが、年齢を重ねると触らなくても跡が残ったりします。これは、ターンオーバーが遅れているために起こること。

ラクトフェリンには、このターンオーバーを正常化する効果があります。シミが少なく、ニキビの跡が目立たない肌と聞くと、それだけで若々しくキレイな肌というイメージが湧きますが、まさにそのような肌を得ることができるのです。

現代女性の多くがさまざまなストレスを抱えていると思われますが、30歳前頃から大人ニキビに悩まされる人が増えます。思春期にニキビで悩んだことのあるなしに関わらずストレスが原因でフェイスラインにできるのが大人ニキビの特徴です。

・美肌に大切な成分を増やす(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)

ラクトフェリンの見逃せない効果として、美肌効果に欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす効果があることが分かっています。

この3つの成分は美肌に欠かせない成分として有名ですよね。
年齢を重ねるとこれらの成分は年々減少してしまいますが、ある実験で、ラクトフェリン化粧品を使う前と後での違いについて発表されています。

それは、ラクトフェリン化粧品を使うことで、コラーゲンが160%UP、エラスチンが170%UP、ヒアルロン酸が350%もUPしたというもの。
特にヒアルロン酸の増え方が著しいのですが、ヒアルロン酸と言えば保湿効果を促す化粧品には欠かせない成分です。ラクトフェリン化粧品の保湿効果の高さは数字の面でも理解できます。

・ニキビに効果

ラクトフェリンは、乾燥やターンオーバーの乱れが原因でフェイスラインにできるニキビの予防に効果的です。

また、ラクトフェリンには抗菌作用があります。ニキビができたときに、患部が膿んだり、炎症がおきたりすると、ニキビの跡がのこってしまう原因になりますが、ラクトフェリンはこれらを抗菌作用で予防することもできます。

ラクトフェリンのニキビに関する作用は保湿効果と抗菌作用のダブルの作用なので、ニキビに悩んでいる人や予防したい人には見逃せないと言えるでしょう。

ラクトフェリン化粧品の原料

美肌

メーカーによって様々ですが、その多くは天然成分であることが多いようです。これは、ラクトフェリンという成分そのものが天然成分なので、その成分を無駄にしないような選りすぐりの成分が選ばれていると考えられます。

長く使うことを前提にして原料が選ばれているという印象が強く、ほかの化粧品と比べてもこだわりが強いものが多いでしょう。

・ラクトフェリン

ラクトフェリンは母乳に含まれる成分として有名ですが、牛乳1リットルに含まれるラクトフェリン量は耳かき1杯分(約0.2g)しか含まれていません。ラクトフェリンが希少価値の高い成分であることはこのことからも明らかです。

しかし、少量で効果を発揮する成分だとも言われています。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作りだす効果が高いので、肌の老化を解消する効果が高く、肌トラブルの解消にも効果を発揮します。

さらに、天然成分なので肌に優しいことが分かります。肌本来のちからを高めて、見せかけではない本物の美肌を目指すことができます。

ラクトフェリンの効果を認めている医師もおり、ラクトフェリン化粧品を推奨している医師も多くいます。

ラクトフェリン化粧品ここをチェック!

ラクトフェリン化粧品は数多く販売されてはいません。
その理由はラクトフェリンという成分が希少価値の高い成分であり、熱に弱い成分であることから、製造が難しいという点が大きいと言われています。

現在もあらゆるメーカーで研究されているラクトフェリンですが、本来は今以上に高い効果があるのではないかとも期待されているそう。

・お試し価格はあるの?

ラクトフェリン化粧品は決して安価なお手頃な化粧品ではありません。それは、ラクトフェリンが希少価値の高い成分であることや、製造することが簡単ではないということからも分かります。でも、自分の肌に合うかどうかを知るためにも、お試し価格制度を導入しているとうれしいですよね。

お試し価格が利用できるかはメーカーによって様々ですが、代表的なラクトフェリン配合化粧品でいう「サラヤのラクトフェリンラボ LLモイストエンリッチ ローション 」では、ミニサイズの化粧水・ローション・クレンジング・洗顔せっけん・クリームが1000円で利用することができたり、初回は15%OFFで購入できるといったキャンペーンも行っているようです。

ただし、ラクトフェリンという成分そのものが、長期的に使うことで効果を発揮する成分のため、お試しで使用している間に効果が現れるかは個人差があるという点を考慮しておきましょう。あくまでも、肌に合うかどうかを確かめる目的でお試しキットを使用するのがおすすめです。

・定期購入制度はあるの?

長く続けることで効果を発揮すると言われているラクトフェリン化粧品において、定期購入制度の有無は重要です。
宅配便

残念ながら、定期コースを扱っているラクトフェリン化粧品は少ないようです。

先ほど挙げたラクトフェリンラボを以外には、furacoraのボディミルクなどがあります。

・原料は天然成分だけ?

化粧品を選ぶときに重要視することはそれぞれ違うと思いますが、天然成分だけを使ったものを使用したいものです。

防腐剤、界面活性剤などは有名ですが、化粧品には気になる成分が多く含まれています。

中でも

  • 合成色素(タール系色素)特に「赤色6号」「緑色6号」
  • DEA、MEA、TEA
  • ホルムアルデヒド(メタナール)
  • 合成香料
  • イソプロピルアルコール
  • メチルパラべン
  • メチルイソチアゾリンオン
  • パラフィン
  • プロピレングリコール
  • ラウリル硫酸ナトリウム

あたりが配合されているものは避けるのが好ましいです。

ラクトフェリン化粧品の疑問

ラクトフェリン化粧品について疑問点があるという人も多いことでしょう。気になる件については解決し、納得して使いはじめることが大切です。

・どの年代から使用してよいか?

ラクトフェリン化粧品は、乾燥の改善や年齢肌の悩みを解消といった効果から、年齢を重ねた人に適している化粧品というイメージが強いことでしょう。世代別

しかし、ラクトフェリン化粧品の効果は、年齢を重ねた人だけでなく、若い年齢層にも喜ばれる効果であることが分かります。

潤いを得る、抗菌作用がある・・・これらの効果は何も年齢を重ねた人だけのものではありません。現代女性の多くがストレスを感じており、ストレスはトラブルを引き起こします。大人ニキビはその典型的な例です。大人ニキビを治すために必要なのは、乾燥の予防や炎症を起こさないための抗菌作用であることは言うまでもありません。

このほか、乾燥をそのままにしておくと、20代であってもほうれい線が目立ったり、しわが目立ったりすることもあります。将来的な肌トラブルの予防のためにも、ラクトフェリン化粧品を使うことは賢明だと言えるでしょう。スキンケアは今の肌だけのものではありません。将来の自分の肌のためのものでもあるのです。

・ラクトフェリンサプリメントと併用してもいい?

ラクトフェリンと言えば、化粧品よりもサプリメントやヨーグルトが有名です。これらのラクトフェリンを配合した商品と化粧品との併用についてですが何ら問題はありません。

ラクトフェリンサプリメントやヨーグルトは体の内側から効果を発揮します。肌への効果も高いので、肌の内側と外側からの効果を発揮できると考えると、サプリメントやヨーグルトを併用することはさらなる効果を高めることにつながります。

・単品だけの使用でもよいか

ラクトフェリン化粧品そのものは安価ではありません。本来ならばラインで揃えて使うことが望ましいのかもしれませんが、単品で使用している人も多いようです。あらゆる化粧品の中で、化粧水やクリームからはじめてみるのもひとつの方法かもしれませんね。

まとめ

ラクトフェリン化粧品は天然成分のラクトフェリンを使用した肌に優しい化粧品です。肌の潤いに必要な3つの成分を増やすことができ、年齢肌対策におすすめ。肌本来のちからを高めることができる点が魅力です。

また、ストレスの多い現代女性は大人ニキビに悩まされている人が多く、炎症を起こし長期的な肌トラブルとなっている人も多いでしょう。
ニキビの炎症を防ぐためにも、ラクトフェリンの抗菌作用は注目されています。

ラクトフェリンの効果を見ると、年齢を重ねた人向き?と思われがちですが、そのようなことはありません。若い年齢層であっても、肌が弱い人や肌トラブルが起きやすい人にはラクトフェリン化粧品の効果は喜ばれています。

ラクトフェリンと言えば、サプリメントやヨーグルトが注目されていますが、これらと併用することは問題ありません。むしろ、体の内側と外側からの効果が得られるというだけあって、高い効果が期待できるでしょう。

ラクトフェリンという成分は長期的に使い続けることで効果を得られるというものです。ぜひ、長く使うことで本当の効果を体感されてみてください。

このページの先頭へ