ラクトフェリンで血糖値を下げ、糖尿病を改善させましょう

血糖値はどうして上がるの?

血糖値はどうして上がるの?ラクトフェリンは哺乳動物の乳に含有されている成分です。ラクトフェリンは多機能タンパク質と呼ばれていることから、様々な機能を持ち合わせています。

たとえば、病気にかかりにくくなる抗菌、抗ウィルス効果や、ガン細胞を抑制する効果、歯周病を予防、改善させる効果、内臓脂肪を低減させる効果など、ラクトフェリンはまさしく多岐にわたって様々な効果を発揮してくれる成分でもあるのです。その多機能性の一つとして挙げられるのが、血糖値を下げるという効果です。

血糖値が上がる原因として、まずは過食や偏食が挙げられます。ご飯を何杯もお代わりする、夜中に高カロリーなラーメンを食べてしまう、毎日お酒を飲む習慣がある人、ケーキなど甘いものばかりを食べる習慣がある方の場合、血糖値が上がりやすいので要注意ですので気をつけましょう。

一度肥満になると、上がってしまった血糖値を下げようとするインスリンというホルモンの働きが阻害されてしまうため、普段から暴飲暴食はしないように心がけなければなりません。

糖値が高くなると糖尿病のリスクも増す

血糖値が上がると、真っ先に心配になるのが糖尿病です。日本人の5人に1人という高い確率で糖尿病を発症している状況でもあるため、人ごとではありません。遺伝的要素もありますが、多くは生活習慣病によるものであるため、普段から規則正しい生活や食生活を送っていれば糖尿病になるリスクもありません。

糖尿病の原因には、アルコール摂取や食生活の乱れ、加齢やストレスなどがあります。そのためお酒を飲み過ぎないようにすること、高カロリーな食事ばかりをしないこと、ストレスを溜めないことが重要なのです。また、肥満状態であるとインスリンホルモンが阻害されるため、適正体重まで体重を落とすことも重要です。運動不足の方は身体をよく動かして、代謝を高めていくと消費カロリーも大きくなり、血糖値を下げることが出来るでしょう。

糖尿病は一度なってしまうと、症状を緩和することが難しくなり、一生の付き合いとなってしまうケースが多いため、初期段階で早く健康体に戻るように努力しなければなりません。

ラクトフェリンには内臓脂肪を低減させる

ラクトフェリンには内臓脂肪を低減させる過度に多い脂肪の蓄積は血糖値を上げ、さらに肥満体質をもたらし、糖尿病になりやすくなります。ラクトフェリンには内臓脂肪を減らしてくれる効果がありますので、肥満による血糖値の上昇に悩まれている方は、ラクトフェリンを摂取してみてはいかがでしょうか

ラクトフェリンには、脂肪が合成するのを食い止め、さらに脂肪の分解を促す効果があります。また、ラクトフェリンを服用し続けることで、血液中の中性脂肪や肝臓中の中性脂肪、コレステロールを減すことが出来るのです。

ただし、内臓脂肪低減効果を得るためにはある条件があります。それは、ラクトフェリンがそのまま腸に届くことです。腸溶コーティングもしくは耐酸性のラクトフェリンであれば、直接成分が腸の中に到達するため、脂肪低減効果を確実に得ることが出来ます。

内臓脂肪の低減効果を得るためには、ラクトフェリンを毎日コツコツと摂取することが大切です。

ラクトフェリンと三つのミネラル

体内の血糖値をコントロールしてくれる成分があります。それは三角クロムと呼ばれている三つのミネラルです。

この三つのミネラルは三価クロム、ビタミン、アミノ酸で構成されており、ラクトフェリンと結合すると、三角クロムが体内へ吸収されていくことで糖の異常代謝が起こるのを抑制してくれるため、糖尿病を予防してくれる働きがあるのです。また、体内でインスリンの効果を強めてくれるため血糖値が上がらず、正常な状態になるのを手伝ってくれます

三角クロムは食事だけでは十分に摂取することは不可能ですが、サプリメントなどでラクトフェリンを補うことで、クロムラクトフェリンに変化し、体内への吸収率を高めてくれるのです。

糖尿病の初期段階では、自覚症状がほとんどないため、気がつかないうちに症状が進んでいることがあります。そのため、普段からラクトフェリンを摂取する習慣があれば、血糖値の上昇や、糖尿病を防ぐことが出来るでしょう。

ラクトフェリンが血糖値を下げる~まとめ~

ラクトフェリンが血糖値を下げる~まとめ~ラクトフェリンは哺乳動物の乳含有成分であり、さまざまな機能があります。抗菌、抗ウィルス効果や、ガン細胞を抑制する効果以外にも、内臓脂肪低減効果、三価クロムと結合し、体内への吸収率を高める効果、脂肪分解促進効果、脂肪の合成抑制効果があり、血糖値の上昇を抑える効果があります。

ラクトフェリンによって糖の異常代謝を抑制することで、血糖値を正常な状態へ近づけることが出来ます。ラクトフェリンを継続して服用する習慣があれば、あらかじめ糖尿病を予防する効果も期待することが出来るでしょう。

特に、糖尿病は初期段階では自覚症状がほとんどないため、気がついた時には病気が進行している場合もありますので、要注意の病気でもあるのです。国民の5人に1人は糖尿病という現実ですので、普段から暴飲暴食はせず、規則正しい食生活、適度な運動をおこなって血糖値の上昇を抑え、糖尿病にならない努力をすることも大切でしょう。

このページの先頭へ