ラクトフェリンで免疫力アップ!風邪知らずの身体に!

ラクトフェリンで風邪知らず

ラクトフェリンで風邪知らず

哺乳動物の乳や人間の母乳、特に生後数日間に分泌される初乳には、ラクトフェリンという成分が豊富に含まれています。このラクトフェリンは、さまざまな健康パワーを秘めています。

ラクトフェリンのはたらきの1つに抗菌、抗ウィルス効果があります。他にも身体の免疫力を高めてくれる効果があります。この2つの効果によって、風邪やインフルエンザにかかりにくくなるのです。赤ちゃんが風邪をひかないのは、ラクトフェリンのはたらきのおかげなのですね。

もともと、ラクトフェリン分の力を手に入れることが出来るのは、哺乳動物の赤ちゃんだけでしたが、現在はラクトフェリンを人工的に抽出することが出来るため、サプリメントや栄養補助食品などで、大人も恩恵を受けることが出来るのです。

また、胃の消化機能が発達した幼児から成人にとっては、せっかくラクトフェリンを摂取したにも関わらず、胃酸で分解されてしまい、有効成分が腸に届かないというケースがほとんどでした。しかし製造技術開発が進み、腸で成分が溶けるように加工した腸溶剤が開発されたため、ラクトフェリンの恩恵を十分に受けることが出来るようになりました

ラクトフェリンで免疫力を上げる①

免疫力の高い時は、人は滅多なことで病気になりません。しかし、疲労や睡眠不足、ストレス、運動不足、栄養バランスの悪い食事を続けることで身体の免疫力が低下し、風邪をひきやすくなってしまうのです。他に外的な要因もあり、ウィルスが流行していて、気温の低下、空気の乾燥などによっても病気になりやすくなります。

風邪の原因菌となるウィルスは200種類もあります。また、喉が乾燥しているとウィルスを排除することが出来なくなり、原因菌に感染しやすくなってしまいます。しかし、鼻や喉の粘膜に微量ですが、ラクトフェリンが存在しています。免疫力の高い健康な状態であれば、こうした粘膜に存在している成分のおかげで、抗菌、抗ウィルス作用により、病原菌と戦う力があるのですが、免疫力が低下しているときではすぐに感染してしまいます。

ラクトフェリンで免疫力を上げる②

ラクトフェリンで免疫力を上げる②

ラクトフェリンには、腸内の免疫力を高めてくれる働きがあります。免疫細胞は腸の中で7割ほど作られています。そして残りの3割は心、つまり自律神経で作られていますので、普段からストレスを溜めないように良い精神状態で過ごすことも大事です。

腸は第二の脳ともいわれており、腸内細菌が活発に動いています。腸管は10メートルぐらいあるといわれ、この長い管の中で腸内細菌が多数生息しています。善玉菌が優勢になることで腸内細菌も活発になり、免疫力も高まってきます。ラクトフェリンには、ビフィズス菌を増やす働きがあるため、普段からラクトフェリンを摂取していれば身体の免疫力を上げることが出来るのです。

仕事が忙しい方や最近、疲れを感じやすくなった方は、ラクトフェリンを試してみる価値は十分にあるでしょう。ラクトフェリンが配合されたサプリメントを毎日服用して、心身ともに元気になりましょう。

風邪を引いたら

インフルエンザなど、特定の病気以外のウィルスは抗生物質で直接殺すことはできません。風邪を引いたら、免疫力を高めて打ち勝つしか方法はないのです。忙しい生活を送っていると、十分な休息をとる暇もないかもしれませんが、風邪の初期段階は、とにかく早めに寝て、とにかく休息をとることが何よりの薬です。

また、風邪をひかないようにするには、普段から栄養バランスのよい食事を摂ることも重要です。忙しいとつい簡単なもので済ませてしまいがちですが、普段の食生活が乱れていると、身体の免疫力も低下して風邪をひくので要注意です。

風邪を予防するには、普段からラクトフェリンが配合されたサプリメントなどを服用し、十分な睡眠、栄養バランスのよい食事、ストレスを溜めないようにすることで、免疫をさらに高めることが出来るでしょう。

ラクトフェリンで風邪予防~まとめ~

ラクトフェリンで風邪予防~まとめ~

哺乳動物の乳や、人間の母乳の特に初乳には、ラクトフェリンという成分が豊富に含まれております。

ラクトフェリンは、抗菌、抗ウィルス効果や体内の免疫力を高める効果があるため、風邪予防に役立ちます。ラクトフェリンには腸の善玉菌を増やす効果があるため、普段からラクトフェリンを摂取していれば、身体の免疫力を上げることが出来るのです。

普段から疲れやすい方や仕事が忙しいという方は、免疫力が低下しやすいので、ラクトフェリンを毎日摂取し、腸の中から免疫力をアップさせて風邪知らずの快調な毎日を過ごしましょう。

このページの先頭へ