ラクトフェリンでドライマウスを解消できる!?

ラクトフェリンが口内細菌の数を減らす

ラクトフェリンが口内細菌の数を減らすドライマウスとは、口の中が乾いた状態のことを指します。唾液の量が減るため、口内細菌の数が増加してしまいます。ドライマウスの原因には様々なものがあります。

現代人は昔の人に比べると、噛まなくていい食事の内容になっているこることがドライマウスの一因とされています。噛む回数が減っているため、唾液腺への刺激が弱く、唾液の量が低下している傾向があります。また、ストレスを感じると交感神経が優位に立って唾液量が低下するため、口の中が乾きやすくなります。

高血圧や花粉症、精神疾患の治療薬は口の中を乾きやすくさせる副作用がありますので、こうした種類の薬を常用されている方もドライマウスに注意しなければならないでしょう。

上記のような症状のドライマウスに効果があるのは、ラクトフェリンです。ラクトフェリンは、哺乳動物の乳に含まれている成分ですが、様々な効能があり、そのうちの一つとして抗菌効果があります。

ドライマウスの問題を解消するには

人間の口の中には、三百から七百種類の細菌が生息していると言われています。常に千億個から六千億個の細菌が常在しているのですが、唾液の浄化作用のおかげで、口の中が洗い流されるというシステムになります。

細菌は口蓋や舌にもたくさん住んでいますので、口の中が乾くと細菌がますます増殖していきます。また、就寝中は唾液の量が低下するため、菌が増殖しやすい時間帯でもあるのです。

唾液の中には菌の増殖を抑制するリゾチームやラクトフェリンなどの成分が存在しているため、口内細菌を抑制する作用があります。ラクトフェリンが配合されたサプリメントや歯磨き粉などを使用すれば、口内細菌を抑制することが出来るため、虫歯や歯周病菌の増殖も抑えることが出来るでしょう。

ドライマウスを解消するには唾液の量を増やしてやること、そして口の中の細菌数を減らすには、ラクトフェリンをうまく活用することが重要です。

ドライマウス対策:唾液の量を増やす方法とは

ドライマウス対策:唾液の量を増やす方法とはラクトフェリンは口内の細菌数を減少させることは出来ますが、唾液の量を増やすことは出来ません。ドライマウスの問題を解消するには、唾液の量を増やすことが肝心です。

唾液は健康な人は一日なんと1Lから1.5L出ているのですが、30代を過ぎるあたりから分泌量は低下し、高齢者になると分泌量は半分以下まで低下していきます。そこで唾液量を増やすには、食事中は噛む回数を意識して増やしましょう。また、水分は多めに摂取しましょう。タバコやお酒を控え、常に口の中は清潔な状態にしておきましょう。ガムを噛むことでも唾液腺が刺激されるため、唾液の量をコントロールすることが出来ます

高齢者になると、若い人に比べて身体に取り入れる水分量も減っていきます。脱水状態になっていくと、唾液の量もそれに合わせてしまうため、唾液があまり出なくなってしまいます。高齢者の方はこまめに水分を補給していくことが大切になります。

口の中を清潔にしてドライマウス改善

口の中にいる菌は、虫歯菌や歯周病菌ばかりではありません。身体全体の疾患になってしまう原因菌が存在しています。インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、カンジダ菌などは身体の病気を引き起こす原因となる菌でもあります。口の中にこうした菌がいると、身体が疲れていたり、寝不足などで免疫力が低下したりしている状態では、すぐに病気になってしまいます。

病気を予防するためには、口の中はいつも清潔な状態にしておきましょう。外出して帰ってきたらまずうがいをすること、朝起きたら、就寝中に細菌が増殖しているため、歯を磨くこと、舌のクリーニングをする習慣をつけることで、口の中の菌を少しでも減らすことが出来ます。特に細菌が増殖し続けると、口の中が乾燥するだけでなく、口臭の原因にもなるため注意しなければいけません。

ドライマウスとラクトフェリンまとめ

ドライマウスとラクトフェリンまとめラクトフェリンは哺乳類の母乳などに多く含まれている成分です。ラクトフェリンには様々な効能があり、そのうちの一つとして抗菌効果があるため、口の中の細菌を抑制する作用があります。

口の中には多くの細菌が常在しているのですが、唾液の洗浄力のおかげで多くの細菌が洗い流されています。唾液の中には菌の増殖を抑制するリゾチームやラクトフェリンが含まれており、この二つの成分には口内細菌抑制効果があるのです。

ドライマウスの悩みを解消するには、唾液の量を増やすことと、ラクトフェリンをうまく活用していくことが重要です。

健康な人の場合、一日の唾液量は1Lから1.5Lほど出ているのですが、高齢になるとその半分以下まで落ちてしまいます。食事をする時は噛む回数を増やしたり、水分を多めに取ったり、ガムなどを噛んで唾液腺を刺激すると唾液量を多くしていくことが出来ます。

また、ラクトフェリンが配合されたサプリメントや歯磨き粉、ガムなどを取り入れて、口内細菌数を減らしていきましょう。

このページの先頭へ