ラクトフェリンの効果的な飲み方を知って結果に繋げよう

ラクトフェリンについてしっかり把握する

ラクトフェリンについてしっかり把握する健康のためにと始めたラクトフェリンの効果的な飲み方について考えたことがありますか?

ラクトフェリンがどんなに優れた作用を持っていても、何も知らずに選んで適当な飲み方をしていれば、ラクトフェリンは効果的にはたらけません。ラクトフェリンを飲んでみたのに効果を実感できなかったという方や、これからラクトフェリンを飲む予定の方はラクトフェリンについてしっかり把握してみて下さい。ラクトフェリンにはどのような特徴があって、どう働きかけるのかわかれば、おのずと疑問も解消するはずです。

例えるなら、道具を使い分けるために道具や道具を使う対象の性質を知るようなもので、紙を切るためにハサミを使うか包丁を使うか、それらを知っていればすぐに判断できるかと思います。包丁でも紙は切れますが、効率的に考えるならハサミの方がベストでしょう。それと同じことで、ラクトフェリンが持つ様々な作用が、どこにどのように働きかけて結果に結びつくのか理解すれば、効率的な飲み方もわかるというわけです。

ラクトフェリンの効果的な飲み方:腸まで届くラクトフェリンサプリを選ぶ

ラクトフェリンを摂取する方法には食事とサプリメントの2種類あり、さらにサプリにもいくつか種類があります。

まず、一般的なのが胃で溶ける錠剤やカプセルです。食事と同じく胃で消化されるため糖タンパクであるラクトフェリンも分解されてしまいます。そのため能力も失われてしまうと考えられがちですが、実は消化酵素ペプシンによってより強力な殺菌作用を持つラクトフェリシンになるのです。数十~数百倍の殺菌力を持ち、抗酸化作用や抗炎症作用、免疫調整、がん抑制などの作用もあると報告されています。

ただし、ラクトフェリンの脂肪分解促進や内臓脂肪合成の抑制作用はありませんから、そんな時は腸で溶ける腸溶性タイプもしくは胃酸に強い耐酸性の出番です。特殊なコーティングのおかげで、ラクトフェリンが胃で消化されることなく腸まで届くので、脂肪が気になっている方はこれを選ぶといいでしょう。

他にも、口で噛み砕いて飲むチュアブルタイプのラクトフェリンがあります。これは口腔内環境を整えたい時に効果的です。

ラクトフェリンの効果的な飲み方:相乗効果を狙う

ラクトフェリンの効果的な飲み方:相乗効果を狙うラクトフェリンサプリのタイプを選ぶ他にも、ラクトフェリンと一緒に摂るものを選ぶことも大切です。

例えば、ラクトフェリンに腸内環境を整える作用を期待した場合、ラクトフェリンは悪玉菌のエサとなる鉄を奪い、悪玉菌を弱らせてくれます。そこへ乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂れば善玉菌優位の環境に一歩近づきますし、さらに善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を摂れば順調に善玉菌を増やせるでしょう。

ラクトフェリンに免疫機能のアップを期待するなら、免疫低下の一因である活性酸素を抑えるビタミンAやC、Eの他、亜鉛やポリフェノールなどの抗酸化物質を一緒に摂るのがお勧めです。

また、ダイエット目的でラクトフェリンを摂るなら代謝を上げるプロテインなどのタンパク質や亜鉛、ポリフェノール、そしてビタミンA、C、E、B群などを一緒に摂って下さい。

「こんなのいちいち覚えてられない」という方は、マルチビタミンとマルチミネラルをラクトフェリンと一緒に摂るだけでも違いを実感できるかと思います。

ラクトフェリンの効果的な飲み方:飲むタイミング

そして、サプリと言えば迷いがちなのが飲むタイミングかと思います。食前か食後か、はたまた就寝前や朝一番がいいのか、飲み方が決まっていないため迷いやすいポイントです。しかし、決まっていないとはいえ目的によってはある程度の目安は考えられますから、それについてご紹介しましょう。

まず口腔内環境の改善をラクトフェリンに期待するなら、効果的なタイミングは就寝前です。寝ている間は唾液の分泌量が減り細菌が繁殖しやすいため、抗菌作用と唾液分泌促進作用が効果を発揮します。

また、ピロリ菌や腸内の悪玉菌再作、食中毒予防などなら、胃で消化して強力な抗菌作用を得るためにも効果的なタイミングは食後です。

脂肪燃焼促進や脂肪合成の抑制作用を期待するなら、効果的なタイミングは食事の20分ほど前と就寝前が良いでしょう。食前に腸まで届いて脂肪合成を抑制する準備をし、就寝前に飲むことで脂肪燃焼を促進してくれます。

ラクトフェリンの効果的な飲み方~まとめ~

ラクトフェリンの効果的な飲み方~まとめ~このように、ラクトフェリンの効果的な飲み方を知るには、まずラクトフェリンのことを良く知ることが大切です。ラクトフェリンがどのように働きかけて、どのような結果が期待できるのかわかれば、おのずとラクトフェリンの効果的な飲み方が見えてきます。

ラクトフェリンが胃で溶けてより強力な抗菌作用を持つラクトフェリシンに変わった方がいいのか、ラクトフェリンが腸で溶けて脂肪合成の抑制や脂肪燃焼の促進してほしいのか、口で溶かして口腔内環境を整えたいのか、ラクトフェリンサプリの種類だけでも差が出てくるでしょう。

また、腸内環境を良くする成分や免疫力を高める成分、代謝をアップする成分など、ラクトフェリンを飲む目的に合った成分を一緒に摂ることで相乗効果も得られます。

ラクトフェリンをいつ飲むべきか迷った時も、目的によって食前か食後か就寝前か適したタイミングがわかるはずです。

素晴らしい作用を持ったラクトフェリンの力を実感するためにも、ラクトフェリンを理解して効果的な飲み方を選びましょう。

このページの先頭へ