ラクトフェリンを選ぶ時は腸溶性サプリで確かな効果を得ましょう

多様なラクトフェリン製品について

多様なラクトフェリン製品について

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれている糖たんぱく質で、抗菌、抗ウィルス、ガン抑制、歯周病を予防する効果などがあります。また、肌に塗ってもコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成促成効果があるため、美肌効果を期待することが出来ます。そのため、ラクトフェリンが配合された様々な製品が市場に出回っています。

ラクトフェリン製品は、サプリメントタイプのもの、ヨーグルト製品などが中心ですが、中にはラクトフェリンが配合された化粧品や、ペットフードやペットのための栄養補助食品製品というものまであります。

サプリメントであれば、毎日適量のラクトフェリンを気軽に摂取し続けるというメリットがありますし、ヨーグルトであればラクトフェリンと相性のよい乳酸菌が一緒に摂れるというメリットがあります。ただ、サプリメントにも乳酸菌が入っていることが多いので、ラクトフェリンを摂るなら、一番のオススメはサプリメントと言えます。

ラクトフェリンサプリメントを選ぶ際、1点確認すべきことがあります。それは、腸溶性もしくは、耐酸性のラクトフェリンサプリメントであるかどうかです。

ラクトフェリンの性質

ラクトフェリンが入っている製品であれば、どれを飲んでも間違いないということはありませんので、製品を購入する際は注意が必要です。何故なら、ラクトフェリンは胃酸にとても弱いからです。

ラクトフェリンが胃の中に入ると、ラクトフェリンは胃液の中にあるペプシンという物質によって消化されてしまいます。さらには、膵液中のトリプシンでも消化されていきます。オリゴペプチドやアミノ酸によって分解されると、胃の中でラクトフェリンのすべての機能を失ってしまうのです。

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、赤ちゃんの健康に一役買っています。生まれたばかりの赤ちゃんはどうなのでしょうか。赤ちゃんは、胃の消化器官が未熟であるため、胃酸とペプシン分泌量がとても少ないです。そのため、ラクトフェリンは胃の中で分解されずにそのまま素通りして腸で吸収されていき、ラクトフェリン効果を十分に得ることが出来るのです。

ただ、人間の赤ちゃんも、成長とともに胃の機能がどんどん発達していきます。そのため胃が未熟なのはたった一か月程度であるため、一か月間しか母乳に含まれているラクトフェリンの恩恵を受けることが出来なくなってしまうのです。

腸溶性のラクトフェリンサプリとは

腸溶性のラクトフェリンサプリとは

ラクトフェリンを確実に腸に届けるために、サプリメントを選ぶ際は腸溶性(もしくは耐酸性)であることが必須条件になります。

ある医薬メーカーで腸溶性タイプのラクトフェリンが販売されたのは1999年のことです。それ以降、他のメーカーでも腸溶性の薬剤が開発されることになりました。開発が続けられた結果、pH依存型の皮膜を成型することが出来ました。胃を通過した時には薬剤が溶けず、小腸に到達してようやく皮膜が溶け、中に含まれている成分が溶け出す仕組みになっています。

加工技術も進化しているため、酸性状態にあっても2時間以上薬剤が溶けず、中性では1時間で溶けるという性質があります。こうした技術で加工されたラクトフェリンサプリメントであれば、確実に成分を腸に届けることが出来るため、確実な効果も得ることが出来るでしょう。

現在は、大学との共同研究により次世代の生物製剤型のラクトフェリンが開発されています。これによって難病の治療にも利用出来る可能性が期待出来ます。

耐酸性ラクトフェリンサプリとは

胃で溶けず腸まで届くサプリメントの加工方法には、腸溶性の他に耐酸性があります。耐酸性は、字のごとく、酸に強いということ。胃酸に負けないサプリメントなのです。腸溶性と同じはたらきをします。ラクトフェリンサプリメントを選ぶ際は、「腸溶性もしくは耐酸性」が必須ということを覚えておくと良いでしょう。

腸溶性ラクトフェリン確認方法

腸溶性であるかどうかについては、製品を一目見ただけでは、素人ではなかなか判断するのが難しいことでしょう。

そこでラクトフェリンが配合されたサプリメントを購入する際は、腸溶性と書かれているか、腸まで届くとしっかりとパッケージに書かれたものを選ぶようにしましょう。また、成分内容や効能など詳しい情報については、企業サイトで確認した方がよいでしょう。

ラクトフェリンサプリを選ぶ際の注意点

ラクトフェリンは多くのサプリメント会社が注目している成分であるため、色々な種類のサプリメントが市場に出回っています。中には成分が配合されているだけで売り出しているものもありますので、せっかく摂取したにも関わらず、有効成分が腸に届かず無駄に終わってしまうことも十分にあり得ます。

成分自体が高価であり、腸に届くためのコーティング技術や加工費用もコストがかかりますので、値段があまりにも安過ぎるものも、避けた方がよいでしょう。

腸溶性ラクトフェリンサプリ~まとめ~

腸溶性ラクトフェリンサプリ~まとめ~

このように、ラクトフェリンには様々な効能がありますが、ラクトフェリンは胃酸に弱いため、必ず腸溶性のサプリメントを選ぶようにしましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは胃の機能が未熟であるため、ラクトフェリンが胃を素通りし腸の中で分解することが出来ます。そのため、十分に得ることが出来るのです。しかし一か月程度で胃の機能が発達するため、ラクトフェリンの恩恵を受けることが出来なくなります。

腸で溶ける加工がされていないサプリメントでは、せっかく服用しても無駄になってしまうので、必ず腸で溶ける加工がされているサプリメントを選ぶようにしましょう。

製品を購入する際は、パッケージに腸まで届くことが記載されているものを選び、企業サイトで商品情報を確認するようにしましょう。また、値段が極端に安すぎるものは避けた方が無難かもしれません。

このページの先頭へ