口臭対策にはチュアブルタイプのラクトフェリンが効果的

口臭の原因は悪玉菌の増殖にあった

口臭の原因は悪玉菌の増殖にあった口臭は人間関係にも影響を及ぼしかねない厄介な症状の一つです。誰かと向かい合って話しているとき、相手が不快に思うほどの悪臭をさせていては、仕事や学校、家族や友人でさえコミュニケーションを取る時の大きな障害となりかねません。

口臭が臭いといったデリケートな問題は指摘し辛く、知らぬは本人だけということも少なくありません。自分ももしかしたら臭いかもしれないと悩んでいるなら、悪臭の原因がどこにあるか知ることが大切です。口臭は原因を取り除ければひとまず不安から解放されますし、正しい対策をとることもできます。

口臭の原因は、ニンニクなどの臭いのきつい食べ物や喫煙、病気などがありますが、もっとも多いのが食べかすや間食、甘い飲み物などによって口腔内の悪玉菌が増殖することです。虫歯菌や歯周病菌は増殖して歯や歯茎などを侵食し、その過程でメタンチオールや硫化水素、ジメルチルファイドなどの悪臭の原因となるガスを発生させます。そのため、口腔内環境の改善が一番の対策となります。

ラクトフェリンの抗菌作用が菌の増殖を抑える

口腔内環境の改善と言えば、食後に適切なブラッシングを行うことや、マウスウォッシュ、デンタルブラシなどを使う方法があります。しかし、歯磨きの方法や歯並び、唾液の分泌量などの個人差があるため、これらをいくら頑張っても口腔内環境が改善しない場合もあります。

とくに治療していない虫歯がある方や、歯茎から血が出る方などは、歯科医院での治療を優先するようにして下さい。まだそのような症状がない場合は、強力な抗菌作用を持つ、ラクトフェリンを活用して口腔トラブルの対策に徹しましょう。

ラクトフェリンには鉄と強く結合する性質があり、虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌が増殖する時に必要な鉄を奪ってくれます。このラクトフェリンの働きによって臭いの原因となる悪玉菌の増殖を抑えられるのです。ただし、悪玉菌はプラークや歯石などの棲み処に隠れているので、ブラッシングなどで物理的にそれを破壊することも忘れないようにしましょう。

唾液の分泌量を増やして口臭対策を持続させる

唾液の分泌量を増やして口臭対策を持続させるラクトフェリンは元々唾液にも含まれており、唾液の分泌量の多い方は虫歯や歯周病になりにくいと言われています。逆に、唾液の分泌量の少ない方はいくら丁寧にケアを行っても虫歯や歯周病になるリスクが高く、虫歯が多い子供はしつけがなってないなどの偏見に苦しむこともあるのです。

また、口臭が気になる方も唾液の分泌量が少ない傾向にあります。強いストレスや口呼吸、カフェインやアルコール、喫煙、病気、水分不足、加齢などが分泌量を少なくしている原因だと考えられます。

ほとんどの口臭の原因は努力によって取り除けますが、ストレスや病気、加齢などの場合は改善するのは難しいでしょう。そんな時にラクトフェリンが効果的です。

ラクトフェリンを摂取すると唾液分泌量が増加し、唾液がサラサラになったという実験結果があるため、口臭改善、口臭対策に役立つことが分かります。

口臭対策ならチュアブルタイプがお勧め

ラクトフェリンを効率的に摂るならラクトフェリンのサプリメントが最も効果的ですが、口臭対策なら噛んで飲むチュアブルタイプもお勧めです。

一般的なラクトフェリンサプリメントだと、飲み込んで胃や腸で溶けて吸収されることで作用します。例えば、胃で消化されればより抗菌作用の強いラクトフェリシンになり、ピロリ菌や腸内の悪玉菌を弱らせてくれますし、腸で溶けるタイプなら腸内環境の改善鉄分の吸収促進、そして免疫力の向上などが期待できます。免疫力の向上は唾液の殺菌力アップにも繋がるため無意味とは言いませんが、一番の目的が口臭対策なら口でそのまま作用してくれた方が良いのです。

また、唾液分泌量のアップが認められた実験では、チュアブルタイプの錠剤を噛んでゆっくり溶かす方法が採られました。唾液分泌量を増やす口臭対策のためのなら、チュアブルタイプで摂るようにしてみましょう。チュアブルタイプの製品もたくさん出ているので、自分に合ったものを探してみて下さい。

ラクトフェリンによる口臭対策~まとめ~

ラクトフェリンによる口臭対策~まとめ~このように、口臭は人間関係の悪化にもつながる症状であり、自分では気付きにくいからこそ、普段から対策をとっておくことが大切です。

口臭が臭い原因は主に口腔環境の悪化であり、虫歯菌や歯周病菌が増殖してガスが発生すると口臭が気になるようになります。これらを改善するためにはブラッシングなどの口腔ケアも大切ですが、唾液分泌量が少ない方は適切なケアをしているのにもかかわらず口腔環境が悪化しやすい傾向にあります。そして、強いストレスを感じている方や加齢で分泌量が減ってきた方などは改善方法が限られます。

ラクトフェリンには強力な抗菌作用や唾液の分泌を促す作用があり、とくに噛んで溶かすチュアブルタイプなら虫歯菌や歯周病菌に直接作用してくれます。携帯しやすく外出時にも使いやすいですし、エチケットとしてしっかり口臭対策をとっておきましょう。

このページの先頭へ