食べる予防薬、ラクトフェリンでインフルエンザを撃退しましょう!

初乳を飲む赤ちゃんは高濃度のラクトフェリンのおかげで病気知らず

初乳を飲む赤ちゃんは高濃度のラクトフェリンのおかげで病気知らずラクトフェリンは哺乳動物の乳に含有される成分で、抗菌、抗ウィルス効果があります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳に含まれているラクトフェリンによって、外界の病原菌から身を守り、病気になりにくくなります。ミルク育ちの赤ちゃんより、母乳育ちの赤ちゃんの方が病気になりにくいのは、すべてラクトフェリンのおかげかもしれません。

特に人間の母乳の初乳には高濃度のラクトフェリンが含まれており、初乳が出ている間はお母さんの免疫力の力で強く守られているといってもよいでしょう。また、ラクトフェリンには、腸内の善玉菌を整え、腸内環境を整える働きや、腸内免疫細胞を活性化させる作用があるため、身体の免疫力を向上させる働きがあります。

身体の免疫力が高まることによって様々な病原菌やウィルスに対する抵抗力がつくため、病気に感染しにくくなり、感染しても軽症で済むようになるのです。

毎年流行るインフルエンザ。かかる人とかからない人との違いは?

毎年違うタイプのインフルエンザが流行します。次々と新しいタイプのウィルスになるため、ワクチンを毎年打っても、全く効かず感染してしまうこともあるのではないでしょうか。

インフルエンザは毎年かかってしまう人と、あまりかからないという人とがいます。その差は一体何なのでしょうか?

インフルエンザにかかる人とかからない人との差は、ズバリ「免疫力の差」です。

仕事などで疲れていたり、風邪をひいてしまって体力が落ちていたり、寝不足な状態が続いていると、免疫機能が低下しているためウィルスに感染しやすくなってしまうのです。

身体の免疫力を高めるには、ラクトフェリンがおすすめです。ラクトフェリンには、身体の免疫力を向上させてくれる働きの他、ウィルスに感染しにくくなる作用などがあります。毎日ラクトフェリンを摂取する習慣をつけることで、インフルエンザの予防に繋がるでしょう。

インフルエンザ対策の努力を

インフルエンザ対策の努力を自分でもインフルエンザにかからないようにする努力をしましょう。たとえば、流行する時期は、なるべく不要の用事で人混みには行かない、出掛ける場合は必ずマスクをすることなどです。

外出して帰ってきたら、うがいと手洗いの習慣を持つこと、また普段から栄養バランスのよい食事をすることも大事です。また、規則正しい生活を送り、適度な運動を心がけましょう。

インフルエンザが流行する秋から冬の時期は部屋の中も乾燥しやすいため、部屋の湿度を50%以上にするとウィルスに感染しにくくなります。

家族がインフルエンザに感染している場合は、家の中でもマスクをし、手洗いとうがいを小まめにして、部屋は別にして過ごしましょう。また、魚やきのこに含まれているビタミンDには喉の粘膜の細胞に働きかけ、ディフェンシンという物質を分泌させてくれます。実は、このディフェンシンにはインフルエンザウィルスをブロックする働きがありますので、免疫力を上げるラクトフェリンと共に一緒に摂取したい成分でもあるのです。

鼻や口、喉の粘膜にはラクトフェリン成分がある!?

哺乳動物の乳に多く含まれているラクトフェリンですが、人間の体内でも微量ながら合成されていることをご存じでしょうか。

ウィルスの侵入口となる鼻や口、喉の粘膜にもラクトフェリンが存在しており、抗菌効果、抗ウィルス効果があるため病原菌から私達の身体を守ってくれる働きがあるのです。咳やくしゃみなどの飛沫感染で感染する場合が多いため、普段からラクトフェリンが配合されたサプリメントを飲んでいる習慣がある方は、喉や鼻、口の粘膜のバリア機能も高くなり、感染しにくくなる可能性も上がることでしょう。

もし感染しても、ラクトフェリンには炎症を抑える効果や鎮痛効果がありますので、病気による喉の腫れや炎症、関節痛や筋肉痛などの症状を少しでもやわらげる効果も期待出来ます。

ラクトフェリンでインフルエンザを予防!

ラクトフェリンでインフルエンザを予防!インフルエンザにかかりやすい人と、かかりにくい人の差は免疫力があるかどうか。

ラクトフェリンは哺乳動物の乳に含有される成分で抗菌、抗ウィルス効果があり、インフルエンザの予防も期待できるといわれています。また、ラクトフェリンには、身体の免疫力を向上させてくれる効果がありますので、ウィルス感染を予防する効果があります。

ただ、ラクトフェリンだけに頼らず、インフルエンザ予防を日常の生活の中で行うようにすることが大切です。インフルエンザは咳やくしゃみなどの飛沫感染で感染する場合が多いため、シーズン時はマスクでウィルスを防ぎましょう。また、外出から帰ってきたら、手洗いとうがいを徹底しましょう。

他インフルエンザ対策として、魚やきのこの摂取を心がけるとよいです。魚やきのこにはビタミンDという成分があり、ラクトフェリンは喉の粘膜細胞に働きかけ、ディフェンシンという物質を分泌します。この物質はウィルス菌をブロックしてくれる働きがありますので、免疫力を向上させてくれるラクトフェリンと共に一緒に摂取し、感染を予防しましょう。

このページの先頭へ