内臓脂肪の低減

内臓脂肪低減のメカニズム

ラクトフェリンには『脂肪の分解を促進する』『脂肪の合成を抑制する』はたらきがあることが分かっています。この2つのはたらきが内臓脂肪を減らすことに繋がっているのです。

腸の周りには「脂肪細胞」が存在します。脂肪細胞は食事などで摂取した栄養を貯めるため、栄養分を脂肪として蓄えますが、この蓄えた脂肪が内蔵脂肪なのです。食べ過ぎて過剰に栄養を摂取すれば、脂肪細胞は血液中の余っている栄養を脂肪に合成し、大きくなります。

ラクトフェリンは、脂肪細胞に直接働きかけ、脂肪を分解し、合成を抑えてくれるのです。

ただし、腸まで届くラクトフェリンサプリメントでないと、この2つのはたらきは現れません。ラクトフェリンが含有されている食品は、腸まで運ばれる前に胃酸や酵素によって分解されてしまうため、ラクトフェリンを腸で吸収することができないのです。

内臓脂肪低減におすすめのラクトフェリンサプリはこれ!

ホコニコ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

ラクトフェリンの内蔵脂肪低減効果はそのサプリメントがしっかり腸まで届いて溶けて吸収されることが必須です。ホコニコのラクトフェリンサプリは、腸まで届いて溶けるサプリメントであり、また、耐酸性なので胃液や消化酵素に弱いラクトフェリンを守ってくれるサプリメントです。1日あたりの摂取量で300mgのラクトフェリンが摂取できということも内臓脂肪低減に効果を発揮する点では申し分ありません。その他の成分として乳酸菌とオリゴ糖が含まれています。

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオンのナイスリムエッセンスラクトフェリンも、腸まで届いて溶けるため、内臓脂肪を低減させてくれるでしょう。1日あたりのラクトフェリン摂取量も300mgと十分な量ではありますが、乳酸菌などのその他の成分の配合はありません。

 

小林製薬のラクトフェリン

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
小林製薬のラクトフェリン

小林製薬のラクトフェリンサプリは、ラクトフェリン配合量はこれらのサプリメントでも最高値である600mgも配合されていますが、ひとつ気になるのは耐酸性や腸溶性でないことです。腸までしっかり届いて吸収されるのかという点ではやや疑問が残ります。しかし、600mgものラクトフェリン量が1日あたり摂取できるということから幾分は吸収率が下がってしまうということは考えられますが、ある程度の吸収はできていると仮定できるでしょう。

内臓脂肪分解!

ラクトフェリンが内臓脂肪を分解するメカニズムをご紹介します。

すでに体内に蓄積された脂肪は「ペリリピン」という成分(タンパク質)に覆われていて、
このペリリピンが、脂肪を分解するはたらきがある酵素「リパーゼ」の働きを邪魔しているのです。
ペリリピンの邪魔をやめさせ、リパーゼの働きを助けることができるのがラクトフェリンなのです。

言い換えると、ラクトフェリンにはペリリピンの生成を抑えてリパーゼの脂肪分解作用を活性化させる働きがあるため、内臓脂肪分解に一役買うというわけです。

これらの効果によって、健康診断等で測定されるBMIという数値を低下させることができ、高血圧や高脂血症などの生活習慣病予防の効果もあります。

内臓脂肪というものはいきなり減るということはありませんから、効果を実感するには数か月単位を見ておくことが必要です。

脂肪燃焼!

ラクトフェリンで内臓脂肪分解効果があると、続いて脂肪燃焼効果もあります。
内臓脂肪そのものが脂肪ということもあり、それらが低減するということはおのずと脂肪燃焼するということに繋がります。
ラクトフェリンは蓄積された内臓脂肪を燃焼させながら分解しています。
特に小腸周りの内臓脂肪を燃焼する働きがあるそうです。

ラクトフェリンはダイエット効果があり、特にその効果が顕著に現れるのは腹部と言われているのは、このような理由からと言えるでしょう。
実際、ラクトフェリンでダイエットできたという人が意見にお腹周りの脂肪が減ったという意見が多いようです。

ラクトフェリンのサプリメントを摂取するだけでなく、これにプラスして運動などを行うとさらに効果はアップするでしょう。

高血圧改善!

ラクトフェリンの健康面での効果に高血圧を改善する効果というものがあります。これは、直接血圧にはたらきかけるというよりも、内臓脂肪を分解してダイエット効果があった人がそれまでより血圧が下がったという結果から言えることのようです。これは、内臓脂肪が多く、BMIの数値が高い人は高血圧を起こす割合が高いことからも言えます。
血圧の高い人の多くは肥満傾向があるという場合が多いので、病院へ行くと痩せるようにと指導されることが多いようです。
血圧が高いということで、心疾患や脳血管障害などあらゆる病気を引き起こす可能性が高くなります。高血圧を改善するということで、それらの病気の可能性を軽減することも可能なのです。

このページの先頭へ