抗菌・抗ウイルス作用

抗菌・抗ウイルス作用のメカニズム

ラクトフェリンには抗菌・抗ウイルス作用があります。私たちの生活は目に見えない細菌で溢れています。目に見えないからこそ、それらの細菌やウイルスを撃退することが大切となります。
細菌やウイルスは鉄の成分がないと繁殖できない仕組みになっています。ラクトフェリンの性質のひとつに、鉄を囲い込む作用があります。この性質によって、細菌やウイルスが繁殖するのを阻止することが可能です。仮に感染症にかかったとしても、重症化せずに済む効果もあります。
感染症の予防はもちろんですが、鉄を囲い込むことによって貧血予防や改善もできるようになっています。

抗菌・抗ウイルス作用におすすめのラクトフェリンサプリはこれ!

ホコニコ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

抗菌・抗ウイルス作用という点から注目すると、ラクトフェリンの1日あたりの摂取量やサプリメントの形状、胃酸や消化酵素に強いサプリメントかどうかという点が気になります。ホコニコのラクトフェリンサプリは300mgのラクトフェリンが摂取できます。耐酸性であるホコニコのラクトフェリンサプリは腸でしっかりと吸収することができますから、破壊されることなくラクトフェリンの効果を実感することができるでしょう。

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオンのナイスリムエッセンスラクトフェリンは、ラクトフェリンの1日あたりの摂取量が300mgですし、腸まで届くサプリメントなので胃酸や消化酵素に破壊される心配もありません。しっかりと腸で溶けて吸収してくれるので安心して効果を期待できるラクトフェリンサプリメントです。
ラクトフェリンのみの成分に限定していますが、シンプルな配合でも効果はしっかりと感じられます。

ラクテクト

ラクテクト
ラクテクト

サントリーのラクトフェリンサプリであるラクテクトはラクトフェリンの1日あたりの摂取量は少ないのですが、サントリー独自のラクトバリア成分によってその効果を発揮してくれます。ラクトバチルスS-PT84、ラクチュロース、フコイダンが含まれており、それをサポートするビタミンB1、B2、B6も配合されています。
健康不安になる火種を働かせない、溜めない、増やさない、入れないことを基本にしているので、抗菌・抗ウイルス作用が期待できます。

ピロリ菌数減少!

近年注目されているピロリ菌ですが、胃潰瘍や胃がんの原因になる菌とも言われています。この菌が胃の中で悪さをすることによって、その他の要因と重なり合い胃の病気を発症するということが分かっています。50歳以上ですと半数以上がこの菌に感染していますが、ラクトフェリンにはこの菌を囲い込んで排除する効果があります。除菌の薬もあるようですが、除菌しても再び菌が繁殖しないということはないようです。ピロリ菌を除菌した人もしていない人もラクトフェリンの効果は得られそうです。

歯周病菌抑制!

近年注目されている歯周病ですが、この病気はお口の中だけの病気ではありません。歯を失う原因となったり、口臭の原因となったりはすることはもちろんですが、歯周病菌が血液に混ざることによって、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。

歯周病の人は血栓ができやすくなるということが言われています。また、これ以外にも糖尿病のリスクが増えることも分かっています。歯周病菌を抑制することによって、口腔内の病気の予防だけでなく、命に関わる病気の予防効果もあるのです。

歯周病菌そのものは自然治癒することはないと言われています。ラクトフェリンは唾液にも含まれている成分なので、摂取することにより歯周病菌を撃退することが可能なのです。

ウィルス撃退!

ラクトフェリンはウイルス撃退効果があります。風邪を引くウイルスもかなりの数ありますし、乾燥する季節になると毎年のように流行してしまうインフルエンザウイルスにもラクトフェリンは有効です。ウイルスは目に見えないだけに感染してしまっても、症状が出るまで分からないという点が怖いのです。できることなら、感染しないようにすることが大切です。こまめなうがいや手洗いも大切ですが、さらに効果を高めるためにはラクトフェリンは必要でしょう。
今後、新型のウイルス性疾患は増えて行くと思われます。そのときに、ラクトフェリンで抗菌・抗ウイルス作用、その他にも免疫力強化がはかれますから、普段からの摂取が大切となります。

アレルギーに効果!

ラクトフェリンにはアレルギーに効果があると言われています。アレルギー体質という人は免疫力が低い、免疫がしっかり作用していないということが言えます。
食物アレルギーや空気中の物質で起きるアレルギー、気管支喘息もアレルギーに分類されます。
アレルギー体質の人は新たなアレルギーが出現する可能性もあるので、体質を改善することが大切です。
ラクトフェリンにはアレルゲンを阻止するちからだけでなく、アレルギーを引き起こす体内のヒスタミンを抑制する効果があるので、アレルギーの抑制効果があります。
現在、アレルギーを発症していないという人でも、アレルギーはいきなり起こることがあります。予防のためにもラクトフェリンは活躍してくれるでしょう。

このページの先頭へ