鉄分調整作用

鉄分調整作用のメカニズム

ラクトフェリンには鉄分調整作用があります。ラクト=ミルク、フェリン=鉄という意味を持つことからも明らかです。
その性質は、鉄と結合する糖たんぱく質です。もともと、哺乳動物の乳に含まれますが、涙や唾液などにも含まれます。
鉄と結合する性質そのものは、ラクトフェリンの病気の予防効果にも繋がっていますが、もともとは貧血予防効果があると言われています。
体内の鉄分と結合して、貧血を予防・改善する作用があることから、近年は貧血改善に役立つということで多くの女性に注目されています。
また、鉄分と結合するということは、細菌やウイルスの繁殖に必要である鉄分をラクトフェリンが真っ先に結合することから、抗菌・抗ウイルス作用にも繋がっています。

鉄分調整作用におすすめのラクトフェリンサプリはこれ!

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオンのラクトフェリンサプリメントは、腸まで届ける作用があります。
このことから、サプリメントに含まれているラクトフェリンはしっかり腸で溶けて吸収されるので、1日あたりのラクトフェリン配合量の300mgは無駄なく摂取できることが分かります。鉄分調整機能のあるラクトフェリンもしっかり摂取できます。
また、製造は国内のGMPに準拠した工場で製造しているため、安心して摂取することができます。

ホコニコ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

ホコニコのラクトフェリンサプリメントは、耐酸性のカプセル仕様のサプリメントとなっています。胃酸や消化酵素に溶けることがないために、腸まで届くサプリメント仕様です。
1日あたりのラクトフェリン配合量は300mgとなっており、この量はラクトフェリンが体内で効果を発揮するには十分な量と言えます。
鉄分に結合する性質を生かして貧血予防効果を得るには、しっかりと腸で吸収してくれることと、十分な量のラクトフェリンが必要です。

森永乳業のラクトフェリンプラス

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
森永乳業のラクトフェリンプラス

森永乳業のラクトフェリンプラスは、まずは配合されているラクトフェリン量が1日あたり600mgもあります。この量は一般的に多く販売されているラクトフェリンサプリの配合量の2倍もあります。
十分過ぎる配合量なのですが、このラクトフェリンサプリメントは腸溶性ではなく胃で溶けてラクトフェリシンという成分に変化するという仕組みです。
化学物質を使わずにラクトフェリンの性質を保持したまま効率的に抽出する技術で作られているので安心して摂取することができます。

貧血予防!

ラクトフェリンで貧血予防が可能です。貧血には鉄分が必要と言われていますが、鉄分そのものが体内に吸収しにくいミネラル成分であることから、鉄分を摂取しても貧血改善できないという人が多くいます。このような人には特にラクトフェリンの摂取を勧めたいのです。それは、ラクトフェリンと鉄分を同時に摂取すると、ラクトフェリンが鉄分を囲い込み、体内に吸収してくれます。
ラクトフェリンには、もともと鉄分調整機能がありますから、自然と鉄分の足りない体内では吸収を上げてくれるのです。
普段は貧血ではないという女性であっても、生理の後はどうしても貧血気味になってしまう人も多いでしょう。予防のためにもラクトフェリンは活躍してくれます。

このページの先頭へ