抗ストレス作用

抗ストレス作用のメカニズム

ラクトフェリンには抗ストレス作用があります。ストレスは精神的な問題だけでなく、健康面も脅かす可能性があります。ストレスを受けることであらゆる病気の原因となることは多くの人が知っていることでしょう。ラクトフェリンを使った抗ストレス作用については、マウスを使った実験でも明らかなように、摂取することによって、精神の安定を得ることができます。
ストレスの緩和効果があることが明らかなのです。
私たちはストレスを感じると、血液中の副腎皮質ホルモンが増えますが、ラクトフェリンを摂取することによりこのホルモンの分泌が抑制されることが分かっています。
このような結果からも、ラクトフェリンがストレス軽減に効果を発揮するということが明らかです。

抗ストレス作用におすすめのラクトフェリンサプリはこれ!

森永乳業のラクトフェリンプラス

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
森永乳業のラクトフェリンプラス

森永乳業のラクトフェリンプラスは、1日あたりのラクトフェリン配合量が600mgもあり、ラクトフェリンの効果を得るためには十分な配合量であることが分かります。
また、同時配合されているビフィズス菌BB536については、腸内環境を整える効果だけでなく、抗ストレス効果があることが分かっています。さらに、これらの効果をさらに高めてくれるのがオリゴ糖です。オリゴ糖は、これらの成分と相性が良いですし、単独でも効果の高い成分です。総合的に見て、抗ストレス作用があると言えるでしょう。

ホコニコ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

ホコニコのラクトフェリンサプリメントは、1日あたりのラクトフェリン配合量が300mgと一般的な量にも思えますが、この量は効果を発揮するには十分な量です。
サプリメントそのものが耐酸性ということもあり、胃酸や消化酵素に強いということも高評価できる理由のひとつです。さらに、同時配合されている乳酸菌とオリゴ糖はラクトフェリンの効果を高めるためには欠かせない成分ということもあり、健康面だけでなく、抗ストレス作用が期待できます。

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ
ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ライオンのナイスリムエッセンスラクトフェリンは、ラクトフェリンにこだわって作られたサプリメントです。その他に同時配合されている成分はありませんが、ラクトフェリンの成分については徹底した品質管理体制で作られています。腸溶性のサプリメントはラクトフェリンの成分を無駄にすることなく、その効果を発揮するために腸で溶け、吸収されるようにコーティングされたものです。健康面だけでなく、抗ストレス作用があるということも期待できるのは納得できるでしょう。

ストレス軽減!

ラクトフェリンにはストレス軽減効果があると言われています。これは、動物実験でも明らかにされており、ラクトフェリンを摂取したマウスの赤ちゃんを母親のマウスから引き離した結果、ストレスが軽減したという結果が出ています。ラクトフェリンを摂取することでストレスを感じにくくなるということが言えるのでしょう。
ストレスを解消する、もしくは感じにくくするということは、何も精神的な健康を得るためだけにあるのではありません。
ストレスが発生することによって、活性酸素が異常発生するということが言われていますし、その結果であらゆる病気の可能性が高まります。
免疫力が落ちるということも言われています。健康でいたいのであれば、ストレスを解消するということはかなり大事なことなのです。

神経症・うつの改善

神経症やうつ患者は意外と多いと言われています。私たちの周りでも本人が言わないだけで、投薬治療などを行っている人は意外といるものです。
うつになるとやる気が無くなったり、食欲も落ちたりしますから栄養面での不足が出て来ます。栄養面で不足があると、病気にかかりやすくなります。
このような病気にはできるだけならないようにすることが大事。それは投薬治療となった際に長期的な薬の服用となることから、副作用も心配されるからです。
ラクトフェリンは副作用がないと言われており、このような病気の予防効果があります。
精神的な病気は予防することが大事ですから、ラクトフェリンで健康面での効果を狙いながら、精神面での健康も得ることができます。

痛み緩和!

ラクトフェリンには痛みを緩和するという効果があります。このような効果があるということは意外と知られていません。
生理痛というような定期的に起こるような痛みにも効果がありますし、生活に支障を来すレベルの痛みにも効果があることが分かっています。
この効果は、痛みを受容する神経に作用することから可能なのです。ラクトフェリンの痛み緩和効果については、発売されている本でもその効果が紹介されていますし、痛み止めの乱用を防ぐ効果もあることから今後一層注目されると言えるでしょう。なんせ、副作用がないのですから。
現在はがんの痛みなどもモルヒネが使われていますが、これは麻薬の一種です。今後、ラクトフェリンの研究が進むにつれて、何か画期的な痛みの緩和に使われる日もそう遠くないような気がします。

このページの先頭へ