ラクトフェリンがアトピーを改善してくれるって本当?

アトピーが起こる原因とは

アトピーが起こる原因とはアトピー性皮膚炎はアレルギーによって起こるもので、強い痒みや発疹が症状です。現状では対処療法が主であり、根治療法がないため診断をされても完治させることが出来ません。

アトピー性皮膚炎が発症する原因は皮膚のバリア機能が低下していることと、免疫力の過剰反応、つまりアレルギーです。

通常人間は体内にウイルスや菌などの異物が入ると、免疫力が有害なものと判断し、攻撃を仕掛けて排除をしようとしますが、時折有害でもないものを有害とみなして、攻撃を仕掛けてしまうことがあります。これがアレルギー症状なのですが、免疫が過剰反応を起こして有害ではないものを攻撃してしまうと、炎症反応が起こり湿疹に繋がるのです。

アレルギーの原因となる物質が肌に付着して、そこから取り込まれてしまうとこれもまた症状の原因となってしまい、それを弾く機能であるバリア機能が整っていないと症状が出てしまうのです。

ラクトフェリンで腸内環境を整えることがアトピーに効果的

アトピー性皮膚炎の発症を抑える療法はいろいろとありますが、ラクトフェリンを摂り入れることも効果があるようです。

最近の研究では、アトピーと腸内環境に関連があることが分かってきています。

腸内で悪玉菌が繁殖をすると便通が乱れ、便秘が起こりやすくなります。そもそも便は体外に排出するために集められた、人体には不要もしくは有害なものの寄せ集めですから、留めておいて良いものではありません。体外に排出されないことで便は腸内で醗酵されてしまい、有害ガスを出すようになります。栄養は腸壁から吸収されますので、便もまた栄養として体内に吸収されてしまい、有害ガスが血流に乗って運ばれます。運ばれたガスは毛穴から排出されますが、このガスが毛穴を傷付けてしまうため発疹の原因になるのです。

ラクトフェリンには整腸作用があり、悪玉菌の増殖を抑制する力があります。悪玉菌の餌となる鉄と結合して悪玉菌の餌を奪ったり、腸内を善玉菌が繁殖しやすい環境である酸性に整えたりするため、善玉菌が整って便を排出させる方へと促してくれます。

ラクトフェリンによって便通が整えば有害ガスは出なくなりますから、毛穴を傷つける心配もなく、発疹も起こりにくくなります。

ラクトフェリンはアトピーの原因であるアレルギーにも改善を促してくれる

ラクトフェリンはアトピーの原因であるアレルギーにも改善を促してくれる腸内環境を整えることで腸内免疫が向上します。この免疫向上がアレルギー改善に大きな貢献をしています

アレルギーの治療法として行われているのはヒスタミンという免疫力を抑制する方法ですが、ラクトフェリンの場合はその逆になります。ラクトフェリンを摂取することによって免疫力を高めて、原因物質そのものを体内に入れないようにガードしてしまうというメカニズムになります。

そもそも原因物質が入らなければ免疫が過剰反応をすることがなく、症状が起こりません。また、今症状が出ている箇所にも影響があり、ラクトフェリンは、抗炎症作用を持つため、症状を抑えてくれるのです。

皮膚の炎症によって症状が出ているのですから、ラクトフェリンによって炎症を鎮めることによって痒みや発疹の軽減に繋げます。

対症療法としてステロイド剤が使われることがありますが、これは痒みや発疹を一時的に良くしてくれるものの、皮膚を削ってしまうという副作用があるため、長く使い続けていると皮膚が薄くなってしまいます。

ラクトフェリンには副作用がなく摂取出来るという利点があるため、試してみて損はないでしょう。

ラクトフェリンはどう使ったら良い?

実際にどのような形でラクトフェリンを摂取すれば効果があるのでしょうか。

ラクトフェリンを使用した化粧水などが売られていますが、やはり使用をするのであればサプリメントがおすすめです。ラクトフェリンを体内に入れることによって、内臓を含め全身に作用しますので、ラクトフェリン化粧品よりも効果的です。

ラクトフェリンサプリメントは腸溶性や胃溶性の二つがありますが、ラクトフェリンが胃酸に弱い成分ですので、腸溶性のラクトフェリンサプリメントを選ぶと良いでしょう。

ヨーグルトなどの加工品に含まれているラクトフェリン商品もありますが、これらは腸まで届かないようなので、やはり、ラクトフェリンサプリメントがおすすめです。

ラクトフェリンサプリメントを飲むタイミングに決まりはありません。重要なことは、毎日欠かさず摂取することです。毎日ラクトフェリンを摂取することで、体内でラクトフェリン成分が安定し、効果を出すことが出来ます。

ラクトフェリンの効果が安定するまで3ヶ月程度は見ておく必要があり、毎日しっかり飲むことが大事です。もちろんラクトフェリンサプリだけに頼らず、アトピーの治療やスキンケアは怠らないようにしなければなりません。

アトピーとラクトフェリンの関係まとめ

アトピーとラクトフェリンの関係まとめラクトフェリンはアトピーに効果的であると言えますが、ラクトフェリンは薬ではありません。ラクトフェリンには、保湿したり紫外線から肌を守ったりするといった直接的な効果はないので、アトピーの治療やスキンケアは別途に行うようにしましょう。

特に重度のアトピー患者さんは、自分の判断で治療を中断せずに、きちんと治療を受けながら摂取するようにしましょう。また、掻きむしることで皮膚のバリア機能を低下させ、症状を悪化させてしまうので、潤いを保つためのスキンケアをしておく必要もあります。

ラクトフェリンには鎮痛作用はあっても痒みを鎮める力はありませんので、ケアを怠らないようにしなければなりません。ラクトフェリンを上手く利用をしていけば症状を改善することが出来るものですので、アトピーの治療との相乗効果を目指して使ってみましょう

このページの先頭へ