吹き出物が出来る原因にはラクトフェリンが効果あり?

吹き出物は顔や体に出来るもの

吹き出物は顔や体に出来るもの

鏡で白くポツッと出来ているものを見つけてしまい、嫌な気持ちになる人は少なくありません。吹き出物は年齢を問わず誰でも出来るものです。

吹き出物は基本的にニキビと同じもので、毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こすことによって起こるものです。大抵は白や赤色をしており、放置していても自然と治ってしまうのですが、黄色や黒色になると自然治癒をしても跡が残ってしまうなど、肌へのダメージが非常に大きくなります。

体質によっては大量に発生したり、顔以外の部位にも吹き出物ができたりします。背中やお尻、頭皮にも出来やすいので、体を洗っている時に痛みを感じて気付いた、ということも珍しくありません。吹き出物は、皮脂の詰まりによって出来るものではありますが、何故皮脂が毛穴に詰まってしまうのでしょうか。

吹き出物が出来てしまう根本的な原因とは

皮脂が詰まる根本的な原因として考えられるのは、腸内環境の悪化、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、乱れた食生活などです。

腸内環境が乱れている状態は悪玉菌が優勢で、便通が正常に行われていない状態です。便が排出されずに体内に留まってしまうと、腸内で発生した有毒ガスが肌に回ってしまいます。毛穴からガスを排出しようとしますが、有毒ガスは毛穴を傷つけるため、皮脂が詰まりやすくなるのです。

女性の場合、生理が始まる前になると皮脂を多く分泌するホルモンが日頃よりも過剰に分泌されるため、脂性肌になりやすい傾向があります。皮脂が過剰に分泌されるということは、毛穴に詰まりやすくなる下地を作るということですので良くありません。

ストレスもホルモンバランスを乱す大きな原因になり、皮脂を過剰分泌させるので、やはり皮脂詰まりの原因となってしまいます。また、日頃から甘いものや肉などを多く食べていると、それもまた出来てしまう原因となりますので、バランスの良い食生活を送らなければなりません。

ラクトフェリンの嬉しい効果

ラクトフェリンの嬉しい効果

このような状態を改善するにはラクトフェリンが良く、ラクトフェリンは腸内環境を正常化させる力を持ちます。

ラクトフェリンは、悪玉菌の活動を抑え、善玉菌が繁殖しやすい環境を整えてくれるため、悪玉菌が優勢になっている腸内を善玉菌が優勢になれるように導いてくれます。ラクトフェリンは悪玉菌の餌となる鉄と結合をする力があるため、悪玉菌から餌を奪い、悪玉菌が繁殖出来なくなるのです。善玉菌が増えれば便通は改善されますので、有毒ガスが肌から排出されることもなくなります。

また、最近注目されているラクトフェリンの効果にホルモンバランスを整えるというものがあり、ホルモン剤ではないので副作用を気にすることなく整えることが可能です。加えて、ストレス抑制効果もあります。溜まってしまったストレスの緩和だけではなく、ストレスそのものが溜まらないように調整してくれるため、皮脂を増やさなくなります。

ラクトフェリンの摂り方は?

では、このようなラクトフェリンの効果を出すにはどのように摂取すれば良いのでしょうか。

ラクトフェリンが配合されている化粧水もありますが、肌に直接つけるのではなく、サプリメントで体内にラクトフェリンを摂り入れるという形で使った方が効果的です。なぜなら、ラクトフェリンは腸内で吸収されることが好ましいにも関らず、熱と酸に弱い成分です。ラクトフェリンが配合されたヨーグルトや乳飲料を摂取するだけでは、胃酸に負けて一部しか腸に回らず、上手く効果が現れません。

腸で分解吸収される、腸溶性もしくは耐酸性のラクトフェリンサプリメントを探すと効果が見込めるでしょう。ラクトフェリンサプリを飲むタイミングとしてはいつでも構わず、特にこのタイミングで飲まなければ効果がないということはありません。ただし、毎日欠かさず飲むことが前提で、飲んだり飲まなかったりすると、効き目が実感しにくくなります。

サプリメントは長期的に飲んで効果を出し維持することが目的ですので、1週間程度で効果がないからと止めずに、根気強く飲み続けてみるようにしましょう。また、ラクトフェリンサプリメントを飲みながら合わせてスキンケアも怠らないようにしましょう。

吹き出物対策のためにラクトフェリン~まとめ~

吹き出物対策のためにラクトフェリン~まとめ~

吹き出物の対策にはラクトフェリンが効果的です。ラクトフェリンは吹き出物の根本的な原因を解決する方向へと導いてくれる成分です。

とはいえ、成分を摂っていてもスキンケアを怠らず、きちんと並行してケアしなければなりません。肌の表面が乾燥した状態であると、肌にダメージが出ないようにと皮脂でカバーして守ろうとします。

皮脂は顔をテカらせる厄介者ではなく、根本の原因が肌の潤い不足ですから、しっかり潤ってさえいれば皮脂が過剰に出ることはないのです。腸内環境やホルモンバランス、ストレスなどの出来る要因を整えても、スキンケアが不十分だとそれでも出来る原因になってしまいます。

吹き出物が出来ないようラクトフェリンを飲みながら体質改善をし、スキンケアで肌表面を保護することで相乗効果を狙うのが一番良いでしょう。

このページの先頭へ