効果的なラクトフェリンの飲むタイミングとは?

多機能タンパク質ラクトフェリンについて

多機能タンパク質ラクトフェリンについてラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれており、特に人間の初乳には豊富にラクトフェリンが含まれていることが知られています。生まれたばかりで免疫力が十分でない赤ちゃんを、病原菌から守る効果がありますので、人間の赤ちゃんは他動物の赤ちゃんと比べると、感染症のリスクがとても低いのです。

現在、ラクトフェリンを使用したサプリメント製品に人気が集まっています。また、ラクトフェリンサプリメントとして流通されているのは、牛乳から成分を抽出したウシラクトフェリンを原料にしたものです。牛乳アレルギーのある方は服用はやめた方がよいのですが、それ以外の方であれば、子供からお年寄りまで安心して服用することが出来るサプリメントだといってもよいでしょう

ラクトフェリンサプリメントは、ガンの抑制効果や免疫力を高めたいなど病気の治療の補助剤として健康目的のために活用することもできますし、腸をキレイにすることで肌を整えるためにも活用できます。健康や美容など目的に合わせてラクトフェリンを服用しましょう。

ラクトフェリンはどこに吸収されるの?

この多機能タンパク成分でもあるラクトフェリンは胃で溶けやすいということがよく知られています。通常の錠剤タイプのものやカプセルタイプのものを口から飲用した場合、タンパク質でもあるため、まず胃の中にある酸やペプシンという酵素によって、せっかくの成分が腸で届かず、ここでほとんどが分解されてしまいます。ほんの僅かだけ残ったラクトフェリンが胃をようやく通り抜けることが出来、小腸にあるラクトフェリンの受容体に届けられ、そこから腸に送られていくのです。

胃で分解されたほとんどのラクトフェリンが無駄になってしまうのではないかと思われがちですが、小腸に届いた僅かなラクトフェリンはラクトフェリシンという元の成分の10倍から100倍の抗菌活性力があるため、決して無駄に終わることはありません。しかし、やはり少しでも多くの成分を有効に届けるためには、胃で分解される前に成分が腸に届く腸溶もしくは耐酸性に加工されたラクトフェリン商品を利用することが懸命です。腸溶性もしくは耐酸性のラクトフェリンサプリメントは、確実に腸に成分を届けることが出来ますので、確かな効果を得ることが出来るでしょう。

腸管からリンパ系にラクトフェリンが取り込まれる

腸管からリンパ系にラクトフェリンが取り込まれる腸溶性もしくは耐酸性に加工されたラクトフェリン配合のサプリメントであれば、まず腸管に成分が送り込まれていきます。次にリンパ管に取り込まれていきます。

リンパ管は、腸管で吸収された栄養分を腸管近くにあるリンパ系に入り、そこで毒素が取り除かれ、門脈に入ります。リンパ管は全身に張りめぐらされており、毛細リンパ管の流れによって全身の組織に送られていきます。ラクトフェリン成分もこのリンパ管の流れにのって、さらに毛細リンパ管の力で血中にも成分がさらに取り込まれ、体内に移行されていくのです。

ちなみに、マウスを使った実験では、ラクトフェリンが血中に移行するのは成分が十二指腸内に投与してから、2時間かかります。人間の場合、実験データがありませんので、わかりませんが、腸で吸収されてから同じくらいの時間で血中に成分が移行するのではないかと推測出来ます。

ラクトフェリンの多くは腸内で必要とされていますが、口腔粘膜や皮膚などにも必要とされていますので、不足している場所に届けられていきます

ラクトフェリンを飲むタイミング

ラクトフェリンをラクトフェリンサプリで有効的に摂り入れるのであれば、サプリメントの形状やラクトフェリンサプリを飲むタイミングが気になります。どのタイミングでラクトフェリンサプリを飲むとラクトフェリンを効率的に且つ十分な効果を得られるのでしょうか。

メーカーによればラクトフェリンサプリを飲むタイミングはいつでもよく、1日に目安量の全部でも、数回に分けて服用してもよいとされています。しかし、ラクトフェリンが胃酸に分解されやすいという特徴を考えるのであれば、空腹時よりも食後1時間経過後の胃酸の活動が抑えられる時に飲んだ方が効果的でしょう。

つまりラクトフェリンを飲むタイミングは、朝食後の朝10時、午後三時、就寝時に飲むことが重要でしょう。またメーカーでも、毎日継続して服用し続けることが大切だといわれていますので、ベストなタイミングで毎日欠かさずラクトフェリンサプリを飲むことが大切でしょう。

毎日ラクトフェリンサプリを飲むことで、お腹の中のビフィズス菌が増殖し、善玉菌優勢になっていくので、体調改善にもつながることでしょう。

ラクトフェリンを飲むタイミング~まとめ~

ラクトフェリンを飲むタイミング~まとめ~ラクトフェリンは哺乳動物の乳に含まれている成分で特に人間の初乳に多く含まれている成分です。ラクトフェリンには多機能な働きがあるため、ラクトフェリンサプリを飲むことで健康効果を実感できます。

ラクトフェリンサプリメントの効果を得るためには、腸で成分が溶ける加工の腸溶性タイプか胃酸に耐えることができる耐酸性タイプのラクトフェリンサプリメントを選ぶようにしましょう。

ラクトフェリンは、腸管に成分が送り込まれていった後に、リンパ管に取り込まれ、そこから毛細リンパ管や血液の流れにのって全身に送られていきます。その中で、ラクトフェリンが必要だとされる場所に届けられていきます。

ラクトフェリンサプリメントを飲むタイミングについては、メーカーで特に指定はありませんが、より高い効果を得るためには、胃の活動が抑えられているタイミングに飲む用ようにしましょう。空腹時や満腹時を避けて、朝食後の朝10時、午後三時、就寝時のタイミングで飲むと効果的です。ラクトフェリンサプリメントには即効性はありませんので、効果を実感するまで、ベストなタイミングで毎日飲むようにしましょう!

このページの先頭へ